IAM

Identity and Access Management

IAMとは

IAMとは

IAMとは、Identity and Access Managementの略で、アイデンティティ(ID)管理とアクセス管理のことです。IT環境にアクセスする際に必要となるユーザーIDと、アクセス権限を組み合わせて適切に管理します。

複数のシステムやサービスでそれぞれ管理されているIDを一元的に管理することで、運用負担を軽減します。さらに退職者や出向、育児休業などで休眠状態のアカウントの無効化設定をスムーズに行うことで、不正利用を防ぎ、不正アクセスなどの脅威から大切な情報資産を守ることができます。

CloudGate UNO - IAMとは

ユーザー管理から
ライフサイクル管理まで一元管理

CloudGate UNOは、複数のクラウドサービスでバラバラに管理されていたユーザーアカウントを一元管理します。ユーザーIDなどのアイデンティティ管理からプロビジョニングや認可などのライフサイクル管理に至るまで一貫した管理を実現します。

IAMはシステム管理者の運用負担を軽減するだけではなく、
セキュリティ対策としても重要な役割を果たします。

CloudGate UNOのIAM

CloudGate UNOのIAMは、アイデンティティ管理とライフサイクル管理から成ります。

アイデンティティ管理 | IAM (Identity and Access Management)

アイデンティティ管理
Identity Management

アイデンティティ管理とは、利用者を識別するための情報(ID)を
管理することです。

CloudGate UNOでは、ユーザーやグループ、組織、役職などの利用者情報を
一元管理できます。また、ユーザーのアカウント情報を登録・変更・削除や、SSO連携クラウドサービスへのアクセス権限の付与などができます。

機能
ユーザー管理
グループ管理
組織管理

アイデンティティ管理の詳細はこちら
ライフサイクル管理 Lifecycle Management | IAM (Identity and Access Management)

ライフサイクル管理
Lifecycle Management

ライフサイクル管理とは、システムのプロビジョニングから運用、
削除までを管理することです。

CloudGate UNOでは特権アクセス管理からプロビジョニング、
ライセンス管理までシームレスに管理できます。

機能
ロール管理
ライセンス管理
プロビジョニング

ライフサイクル管理の詳細はこちら

CloudGate UNOのIAM
3つのポイント

複数のクラウドサービスのアカウント情報を一元管理し、運用負担を軽減 | IAM (Identity and Access Management)

複数のクラウドサービスのアカウント情報を一元管理し、運用負担を軽減

退職者や出向、育児休業などの休眠状態のアカウントの無効化設定をスムーズに実現 | IAM (Identity and Access Management)

退職者や出向、育児休業などの休眠状態のアカウントの無効化設定をスムーズに実現

管理者サイトの権限を役割に応じて設定可能 | IAM (Identity and Access Management)

管理者サイトの権限を役割に応じて設定可能

資料請求

CloudGate UNOの製品資料や、お客様事例を
まとめた資料をダウンロードいただけます。

資料請求はこちら

お問合せ

CloudGate UNOの導入にあたりご質問等あれば、
お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

他の機能を見る

アクセスコントロール
シングルサインオン

サービスプロバイダーへSAML2.0や Form-based等で認証連携を実現
 

詳細はこちら
アクセスコントロール
アクセスコントロール

サービスへのログインを許可する条件(場所/端末/時間)が管理できます。
 

詳細はこちら
MFA (多要素認証)
ユーザー認証

ID / パスワードだけではない
MFA(多要素認証)で強固な
認証を実現

詳細はこちら
Active Directory連携
Active Directory連携

Active Directory連携によるID連携と認証連携が可能です。
 

詳細はこちら
ページの先頭へ