シングルサインオン (SSO) とは

シングルサインオン(SSO)とは

シングルサインオンとは、一度の認証だけで複数のクラウドサービスやアプリケーションなどが利用可能になる仕組みのことです。複数のクラウドサービスを組み合わせて利用し、業務の効率化を図る企業は年々増加しております。また在宅勤務の必要性から今後企業でのクラウドサービスの活用はより活発になることが予想されます。

CloudGate UNO - シングルサインオン SSO とは
ゼロトラストSSOソリューションCloudGate UNO | シングルサインオン (SSO)
ゼロトラストモデルの採用

ゼロトラストSSOソリューションCloudGate UNO

クラウドサービスの普及に伴って不正アクセスなどのサイバー攻撃が増加。これからのネットワークセキュリティには、連携サービスへのアクセス制限において「すべてのアクセスを信用しない」というゼロトラストの考え方が必須といえます。

詳しく知る

すべてのクラウドサービスを一元管理

CloudGate UNOのシングルサインオン連携機能では一度のサインオンで複数のクラウドサービスにシームレスにアクセスできるだけでなく、システム管理者は専用の管理画面で一元管理することができます。

シングルサインオンはマルチクラウドの利便性を向上させるだけではなく、セキュリティ対策としても重要な役割を果たします。 CloudGate UNOのゼロトラストモデルSSOは様々なクラウドサービスと連携し、強固な認証と堅牢なアクセス制限をご提供することでクラウド内の大切な情報を守ります。

すべてのクラウドサービスを一元管理 | シングルサインオン (SSO)

シングルサインオン連携機能で解決できること

一度のサインオンでさまざまなサービスに簡単にアクセス | シングルサインオン (SSO)

一度のサインオンでさまざまな
サービスに簡単にアクセス

サービスごとにパスワードをメモする必要がなくなり、セキュリティ面も安心 | シングルサインオン (SSO)

サービスごとにパスワードをメモする
必要がなくなり、セキュリティ面も安心

セキュリティ要件が合わずに導入できなかったサービスも、CloudGate UNOと連携することで導入可能に | シングルサインオン (SSO)

セキュリティ要件が合わずに導入できなかった
サービスも、CloudGate UNOと連携することで
導入可能に

特長1「ユーザーハブ」 - シングルサインオン (SSO) 特長1「ユーザーハブ」 - シングルサインオン (SSO)

特長1「ユーザーハブ」

複数のクラウドサービスを
一箇所にまとめ、アクセスを便利に

クラウドサービスプロバイダーの追加を行うと、CloudGate UNOのサービスアクセスのリンク集として機能する「ユーザーハブ」に各ユーザーが利用可能なクラウドサービスが一覧で表示され、クリックするだけで簡単にそのサービスにアクセスできます。 この他にも、パスワード変更、ユーザーの基本情報や設定情報の確認、アクセス履歴一覧など、様々な機能も搭載されています。

また、設定した認証方式の範囲でデバイスの追加や変更が行えます。

複数のクラウドサービスを 一箇所にまとめ、アクセスを便利に | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)
特長2「社内Webシステム連携」 - シングルサインオン (SSO) 特長2「社内Webシステム連携」 - シングルサインオン (SSO)

特長2「社内Webシステム連携」

新規導入のクラウドも継続利用の社内システム
もたった1つのID/パスワードでログイン

SAML 2.0に対応していない企業様独自のアプリケーションやクラウドサービスであってもForm-based認証でシングルサインオン連携が可能です。煩雑化している社内システムのパスワードを覚えることから解放されます。

また、Active Directory(AD)連携オプションを組み合わせることで、既にADを利用しているお客様がAD連携の認証に対応していないクラウドサービスにもADのIDとパスワードでログインできるようになります。

Active Directory連携をもっと知る
新規導入のクラウドも継続利用の社内システムもたった1つのID/パスワードでログイン | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)
特長3「CloudGate UNO Extension」 - シングルサインオン (SSO) 特長3「CloudGate UNO Extension」 - シングルサインオン (SSO)

特長3「CloudGate UNO Extension」

Chromeブラウザーの拡張機能から
簡単にSSO連携

Google Chromeブラウザーに拡張機能である「CloudGate UNO Extension」を追加することでCloudGate UNOにサインオン済みであれば、 ユーザーハブを経由せずに各サービスにアクセスが可能です。

より便利に、そしてシームレスにシングルサインオンで連携サービスにアクセスできるようになります。

Available in the  Chrome Web Store
Chromeブラウザーの拡張機能から | CloudGate UNO Extension - シングルサインオン (SSO)
特長4「セルフサービスプロバイダー追加」 - シングルサインオン (SSO) 特長4「セルフサービスプロバイダー追加」 - シングルサインオン (SSO)

特長4「セルフサービスプロバイダー追加」

新たに使い始めるクラウドサービスを
管理者側で追加可能

シングルサインオンするクラウドサービス(サービスプロバイダー)をシステム管理者様自身で追加することができます。

なお、連携サービス一覧にご検討中のクラウドサービスが無い場合には、お気軽にお問い合わせください。国内外のサービス問わず、専門スタッフがCloudGate UNOとの連携を検証いたします。

SSO連携サービス一覧
新たに使い始めるクラウドサービスを管理者側で追加可能 - シングルサインオン (SSO)

シングルサインオン連携可能なサービス

CloudGate UNOは、250以上のクラウドサービスとシングルサインオン連携ができます。

Google Workspace | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)
Microsoft 365 / Office 365 | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)
Salesforce | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)
LineWorks | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)
cybozu | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)
sansan | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)
slack | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)
box | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)
Zoho | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)
Dropbox | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)

シングルサインオンでの費用対効果を計算!

シングルサインオンすることでどれくらいの費用対効果が見込めるか試算してみませんか?
下記に数字を入力するのみで試算することが可能です。

削減コストを計算
円/時間・ユーザー

削減コストを計算

削減コストは

134 万円/年間

シングルサインオンを導入して認証を1度にまとめた場合削減できる時間は...
1ユーザーあたり、1年間で
0.67時間
全ユーザー、1年間で
670.00時間

※ 上記結果はあくまでもシミュレーションであり、実際導入した際の結果とは異なる場合があります。

もっと知る資料請求

資料請求

多要素認証(MFA)の詳しい資料やお客様事例を
まとめた資料をダウンロードいただけます。

資料請求はこちら

お問合せ

ゼロトラストSSOや多要素認証(MFA)など
ご質問等あれば、お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

他の機能を見る

アクセス制限 | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)
アクセス制限

サービスへのログインを許可する
条件(場所/端末/時間)が
管理できます。

詳細はこちら
MFA (多要素認証 / ユーザー認証) | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)
ユーザー認証

ID / パスワードだけではない
MFA(多要素認証)で強固な
認証を実現します。

詳細はこちら
IAM | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)
IAM

ID管理からプロビジョニングなどのライフサイクル管理まで一元管理できます。

詳細はこちら
Active Directory連携 | CloudGate UNO - シングルサインオン (SSO)
Active Directory連携

Active Directory連携によるID連携と認証連携が可能です。
 

詳細はこちら
ページの先頭へ