パスワードを利用しないFIDO2対応セキュリティキーとは

FIDO2 Process

FIDO2対応のセキュリティキーは、公開鍵暗号方式に基づいた強力なパスワードなし認証を可能にするオープン認証規格であるFIDO2をサポートするUSBデバイスで、パスワードに代わる認証を実装するために誕生しました。

FIDO2対応のセキュリティキーを使用することで、「パスワードが盗まれる」または「簡単に破られるパスワードを悪用する」といったハッキング侵害を心配することなく、利用しているクラウドサービスに安全なログインを行うことが可能です。

特徴:

  • ● ログインは一本の指でタッチするだけ
  • ● デバイス上での認証が可能
  • ● サーバーにパスワードを保存しない

パスワードを使わない認証「FIDO2」とは?
FIDO2(Web認証)は、生体認証デバイスなどを利用して、ウェブブラウザーを通じたオンラインサービスへの安全な認証を実現する規格です。W3C Web 認証仕様に対応し、FIDOアライアンスの仕様を組み合わせることで、多要素認証や生体認証などのパスワード以外の認証器による認証に対応します。つまり、パスワードを使わない認証が可能になります。

FIDO2で得られるベネフィット

リスクの軽減
フィッシング、キーローガー、およびデータ侵害によって盗まれた認証情報によるリスクが軽減されます。

利便性の向上
複雑なパスワードを記憶したり、複数のパスワードを管理する必要が無くなり、利便性が向上します。

コストの削減
パスワード忘れによる再設定や定期更新など、パスワード利用に伴う運用コストが削減できます。

FIDO2に対応したセキュリティキーで、より感動的なユーザー体験

セキュリティと利便性のいずれも高めることができるパスワードレス認証「FIDO2」に対応したセキュリティキーを使うことで、
より感動的なユーザー体験を実現します。

FIDO2 Token Keys FIDO2 Token Keys

FIDO2に対応したCloudGate UNOで、認証とアクセスコントロールを強化

今後、 CloudGate UNO(クラウドゲートウノ)ではFIDO2に対応した認証サービスを提供いたします。これにより、CloudGate UNOの認証でセキュリティと利便性を飛躍的に高めることが可能になります。

認証サービスとしてだけでなく、柔軟なアクセスコントロール機能、一回のサインオンで複数のクラウドサービスへシームレスにアクセスすることができるシングルサインオン機能を備えたCloudGate UNOで、お客様の毎日がより便利で快適なものに変わります。

パスワードのいらない世界を知るセミナー
ISRでは、パスワードのいらない世界に関するセミナーを毎月開催しています。
詳しく知りたい方は是非ご参加ください。
FIDO2セミナーに参加する
ページの先頭へ