新機能のご提供を開始!

CloudGate証明書

デバイス証明書はSSOの利便性を損なうこと無くシステム管理者も
ユーザーも使いやすく、堅牢なセキュリティをご提供します。

証明書とは

インターネット上で利用される証明書は「電子証明書」と呼ばれます。
電子証明書はインターネット上における身分証明書のような役割を果たします。

電子証明書の一種であるクライアント証明書は、接続元であるクライアントの確認するために利用されるもので、端末を確認する「デバイス証明書」と利用者を確認する「ユーザー証明書」があります。CloudGate証明書は「デバイス証明書」になります。

CloudGate証明書は最近ではほとんどの端末に搭載されている、
秘密鍵や生体情報などの秘匿データを保護・保存するための専用チップ(SE、TPM)で証明書を発行するため、より安全性が確保されます。

会社指定の端末のみアクセスを可能にする証明書認証をCloudGate UNOに追加できる機能です。お客様の運用方法によりご利用いただく証明書を選択することが可能です。

CloudGate証明書機能とは  - クライアント証明書

セキュアエレメントに基づいたCloudGate証明書

端末の安全な領域に秘密鍵が保存されるため、厳密な端末制限が可能

遠隔での端末指定Cybertrust証明書

機器ID(MACアドレス・UDIDなど)に紐付け証明書発行ができ厳密な端末制限が可能

CloudGate UNOでは、サイバートラスト社の「サイバートラスト デバイスID」(デバイス証明書)を発行することができます。この証明書をCloudGate UNOでは、「Cybertrust証明書」とよんでいます。

ゼロトラストアーキテクチャーに基づくCloudGate証明書

ISRのサイバーセキュリティにおけるこれまでの歩み、そして新たに開発したセキュアエレメントに基づいたCloudGate証明書をご紹介します。

詳細はこちら

リモートワークでアクセスしている「その」端末は安全ですか?

リモートワークの普及により自宅などの社外で業務をする機会は増えており、従来のIPアドレスによるアクセス制限だけではセキュリティの確保は困難です。
また、業務のクラウド化が進むことで便利になる反面、これまで想定していなかったセキュリティ事故に見舞われる可能性があります。

業務で利用するシステム・クラウドサービスにアクセスする端末を制限していなかった場合下記のようなリスクが存在します。

不正アクセス | CloudGate証明書 - クライアント証明書

不正アクセス

ID、パスワードが漏洩し、システムやクラウドサービスへの不正アクセスを受けると保存されているデータの漏洩やシステムの破壊や停止、バックドアを仕掛けられるリスク等があります。

シャドーITからのアクセス | CloudGate証明書 - クライアント証明書

シャドーITからのアクセス

会社において許可なく利用されている端末からシステムやクラウドサービスにアクセスすることは、セキュリティの担保されていない端末が情報資産に接続するということです。マルウェアにも感染している可能性もあり情報漏洩等のリスクがあります。

シャドーITからのアクセス | CloudGate証明書 - クライアント証明書

業務で利用するシステム・クラウドサービスにアクセスできる端末を「証明書入り端末」に制限することで、これらのリスクを未然に防ぐことができます。

ポイント1 - 会社指定の端末のみアクセス許可 | CloudGate証明書 - クライアント証明書 ポイント1 - 会社指定の端末のみアクセス許可 | CloudGate証明書 - クライアント証明書

ポイント1

会社指定の端末のみアクセス許可

会社が指定したPC・スマートデバイスからのみ、クラウドサービスへのアクセスを許可することができます。 事前にデバイス証明書を端末にインストールしておくことで、CloudGate UNOがアクセスした端末がデバイス証明書を保持しているかチェックし、保持していない端末からのアクセスをブロックします。 仮にログインID・パスワードが悪意のある第三者に知られてしまったとしても、デバイス証明書を保持していない端末からの不正アクセスを防ぐことができます。 また、端末紛失時などに、管理者は証明書を失効することによって、その端末からのアクセスを拒否することができます。

ポイント1 - 会社指定の端末のみアクセス許可 | CloudGate証明書 - クライアント証明書
ポイント2 - ニーズに沿った証明書管理機能 | CloudGate証明書 - クライアント証明書 ポイント2 - ニーズに沿った証明書管理機能 | CloudGate証明書 - クライアント証明書

ポイント2

ニーズに沿った証明書管理機能

それぞれ特徴がある2つのデバイス証明書から、貴社運用に最適な証明書の発行やインストール方法をご選択いただけます。

セキュアエレメントに基づいた
CloudGate証明書

セキュアエレメントに基づいた CloudGate証明書 | CloudGate証明書 - クライアント証明書
  • 許可したい端末上で管理者による認証を行うことで、証明書発行・インストールが可能。
  • 秘密鍵を端末外・ネットワーク経路に一切出さない方法により、証明書の不正コピーやエクスポートのリスクを格段に軽減。

遠隔での端末指定
Cybertrust証明書
(旧:secured by Cybertrust)

遠隔での端末指定 Cybertrust証明書 | CloudGate証明書 - クライアント証明書
  • MACアドレス・UDIDなど端末固有の識別子を事前に指定し、証明書のインストールを許可する端末を厳密に管理。
  • ユーザーのメールアドレス宛に証明書インストール方法を送信しユーザー自身でダウンロード。端末固有の識別子と紐付けるため厳密な特定が可能。
ポイント3 - 柔軟なアクセスルールの設定 | CloudGate証明書 - クライアント証明書 ポイント3 - 柔軟なアクセスルールの設定 | CloudGate証明書 - クライアント証明書

ポイント3

柔軟なアクセスルールの設定

CloudGate UNOのセキュリティプロファイル機能を利用することで、セキュリティルールをユーザー、部署、役職ごとに適用することができます。例えば社外からのアクセスの必要がある部署や、 特定の端末からのみアクセスさせたいユーザーなど、他のセキュリティルールとデバイス証明書による端末認証を組み合わせることで、 柔軟なアクセスルールを設定することが可能です。

ポイント3 - 柔軟なアクセスルールの設定 | CloudGate証明書 - クライアント証明書
ポイント4 - 複数のSSOサポート | CloudGate証明書 - クライアント証明書 ポイント4 - 複数のSSOサポート | CloudGate証明書 - クライアント証明書

ポイント4

複数のSSOサポート

CloudGate UNOは複数のクラウドサービスに対応しています。 デバイス証明書により利用できる端末を制限できますが、ご覧のようなクラウドサービスでも利用可能で、シングルサインオンでの利便性向上とともに、同一ポリシーでの運用を各クラウドサービスに適用できます

※スマートフォンでご利用になる場合、サービスによって証明書が使えないものもあります。

ポイント4 - 複数のSSOサポート | CloudGate証明書 - クライアント証明書

CloudGate証明書オプションについてのFAQ

どのプランに付加されますか?
Smart Packプランまたはデバイス証明書オプションをご購入いただくことで、ご利用可能です。

CloudGate証明書とCybertrust証明書は利用枚数の指定が必要ですか?
それぞれ利用枚数の指定をいただく必要はございません。デバイス証明書を購入いただきますと、そのライセンス数分、CloudGate証明書とCybertrust証明書の発行を行うことが可能です。
例えばデバイス証明書が100ID購入いただいた場合、CloudGate証明書50ID、Cybertrust証明書50ID発行が可能です。

今後CloudGate証明書のアップデートについて教えてください
今後、CloudGate証明書は対象OSを順次拡大します。また証明書の再発行フローや、ユーザーによる証明書登録などより利用いただきやすい機能としてアップデートを行う予定です。

無料トライアル

今すぐCloudGate UNOをお試しされたい方はこちら

資料ダウンロード

CloudGate証明書の資料ダウンロードはこちら

他の機能を見る

シングルサインオン
シングルサインオン

サービスプロバイダーへSAML2.0や Form-based等で認証連携を実現
 

詳細はこちら
アクセスコントロール
アクセスコントロール

サービスへのログインを許可する条件(場所/端末/時間)が管理できます。
 

詳細はこちら
ユーザー認証
ユーザー認証

ID / パスワードだけではない
MFA(多要素認証)で強固な
認証を実現

詳細はこちら
MFA (多要素認証)
Active Directory連携

Active Directory連携によるID連携と認証連携が可能です。
 

詳細はこちら
ページの先頭へ