一人ひとりに快適な
クラウド認証を

クラウド運用に必要な機能を1つに集約し、ワンストップ
サービスで安全にログイン。100%自社開発・運用で信頼性と
安定性にこだわりを持ちながら進化を続ける
CloudGate UNOをぜひ体験してください。


ゼロトラストモデルの採用

クラウドサービスの普及に伴って不正アクセスなどのサイバー攻撃が増加。これからのネットワークセキュリティには、連携サービスへのアクセス制限において「すべてのアクセスを信用しない」というゼロトラストの考え方が必須といえます。

CloudGate UNOは、お客様により安全にクラウドサービスをご利用いただくため、ゼロトラストモデルのシングルサインオン機能を採用。安全なサインオンを実現するため、クラウドサービスへのアクセスを行う際、誰が(Who)、何を使って(What)、いつ(When)、どこから(Where)、どのように(How)サインオンするかということを特定してアクセス制限が可能です。

ゼロトラストモデルの採用 Zero Trust SSO
クラウドサービスへの玄関 Zero Trust SSO

クラウドサービスへの玄関

Google Workspace やMicrosoft 365、Salesforceに代表されるクラウドサービスは、その玄関口であるサインオン画面が常にインターネット上に公開されているという特性があります。 そのため、オンプレミス型のシステムからクラウド型のシステムに切り替える際は、 企業のセキュリティを守る上でどのような対策を取るべきか考えることが必要です。
”サインオン画面までは、世界中から、誰でもアクセスが可能な状態である” という事を踏まえ、CloudGate UNOが果たすセキュリティへの役割や安全性、また組織的なサポート体制についてご説明します。

ゼロトラストSSOソリューションCloudGate UNO

サービスごとにアクセス制限を実現

CloudGate UNOはお客様がより安全にクラウドサービスをご利用いただくため、ゼロトラストモデルのシングルサインオン機能を採用。クラウドサービスにアクセスする度に確認(認証)をするアプローチに変わりました。これにより、ユーザーやグループ単位だけでなく、クラウドサービスごとにアクセス制限を設定できるようになりました。

ユーザーの利便性が向上

また、認証方式もよりユーザーの利便性を向上させる機能に生まれ変わります。認証方式にパスワード認証、多要素認証(パスワードとFIDO U2F、パスワードとワンタイムパスワードなど)、パスワードレス認証(CloudGate Authenticator、FIDO2)の3つのカテゴリを設け、それらのカテゴリに属する認証方式であればユーザー側で選ぶことができる機能です。

CloudGate UNOはサービスにアクセスするごとに確認(認証)を行う都度判定と、より充実したアクセス制限機能、ユーザーフレンドリーの認証方式で、いまや新常識となりつつあるゼロトラストに対応して、クラウドサービスの玄関として企業の情報資産を守ります。

サービスごとにアクセス制限を実現 CloudGate UNO - Zero Trust SSO

CloudGate UNOのセキュリティへの役割

  • アクセスコントロール
  • ユーザー認証強化
  • シングルサインオン

ユーザーに対し、サインオン時の「場所」「端末」「時間」「認可サービス」などを限定して許可するアクセスコントロールを可能にします。 CloudGate UNOは、部署や役職などのグループ単位だけでなく、ユーザー単位でクラウドサービス毎のセキュリティプロファイルを作成し、より厳密なアクセスコントロールを担います。

詳しくはこちら
端末制限 Access Control - 端末制限
IPアドレス制限 Access Control - IPアドレス制限
認可サービス制限 Access Control - 認可サービス制限
国別・時間別アクセス制限 Access Control - 国別・時間別アクセス制限

CloudGate UNOは、生体認証やデバイスを用いた多要素認証に対応し、ユーザー認証強化を促進させます。また、新たに提供を開始したFIDO2対応のパスワードレス認証は、従来のパスワードを用いた認証に比べ、セキュリティと利便性を飛躍的に高め、ユーザーの毎日をより便利で快適なものに変化させます。

CloudGate UNOが提供するユーザー認証強化ツール

シングルサインオン

生体認証

詳しくはこちら
シングルサインオン

ワンタイムパスワード

詳しくはこちら

複数のクラウドサービスを利用する際に多く見られるID・パスワードの使い回しやメモ書きには、情報漏えいのリスクが潜んでいます。CloudGate UNOのシングルサインオンはサービスへのアクセスポイントを1箇所にまとめ、ID・パスワードを1つにすることで漏えいのリスクを抑える役割を果たします。

詳しくはこちら Single Sign On シングルサインオン - CloudGate UNO Single Sign On シングルサインオン - CloudGate UNO

4つの安心の理由

13年以上の運用ノウハウ
14年以上の運用ノウハウ

14年以上の運用ノウハウ

2008年のサービス開始当初からの運用チームによる専門的な監視システムにより、お客様にご安心いただける稼働品質をご提供しております。
特に重要な対応として、SSOログインの監視(ログインチェック)があります。 ログインチェックは、定期的に実際のCloudGate UNO環境へログインを行い、エラーやパフォーマンスの低下がみられた場合には、サービススタッフが即時対応できる仕組みです。 この仕組みは弊社独自のもので、認証サービスのパフォーマンスレベルを見える化することで高い安定性を実現しました。

13年以上の運用ノウハウ
CloudGate UNOサービスの安定性

CloudGate UNOサービスの安定性

CloudGate UNOは、都内にあるデータセンターで安全に運用されています。ASPサービスの稼働実績として、定期的なメンテナンス、バージョンアップによる作業時間をのぞき、99.99%以上の稼働率となっております。
また、国外のデータセンター環境にデータのバックアップを保持するBCP対策も完備しております。

万全のサポート体制
万全のサポート体制

万全のサポート体制

専任のCloudGateサポートチームがお客様のサービスご利用をサポートいたします。
カスタマーサポート窓口では日々多くのお問い合わせをお受けしておりますが、全体の約90%は受付からケースクローズまで平均24時間以内(お客様確認日数を除く)で対応しており、早期の問題解決と丁寧なご案内を心がけております。
また、サポートチームでは、お客様の社内ヘルプデスク対応に役立つオンラインヘルプや資料を多くご用意しております。

100%自社開発
100%自社開発

100%自社開発

CloudGate UNOは、100%自社開発のサービスであり、第三者機関によりプログラムの定期的なセキュリティチェックを受けている安全なサービスです。

また、弊社はプライバシーマーク認定や、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格でもあるISO27001/27018(※ISO27001/27018の適用範囲は運用部のみ)の認定も受けております。また、FISC安全対策基準に沿った厳しいセキュリティ基準をお持ちの金融系業種のお客様にも安心してご利用頂いている実績もあります。

高いQOS(Quality Of Service)を
目指す組織的な運営

弊社は、お客様に寄り添う組織であることを目標に、専門チームによる体制を編成し、お客様満足度の高いサービス提供に努めております。

新機能のご要望や改善リクエストは、カスタマーサポートチームより製品開発チームにフィードバックし、できる限りのご要望反映に努めております。

また、弊社はGoogle社が提供するパートナープログラムで認定を取得しております。

Google Cloud Partner - CloudGate UNO
高いQOS(Quality Of Service)を目指す組織的な運営 - CloudGate UNO

資料請求

CloudGate UNOの詳しい資料やお客様事例を
まとめた資料をダウンロードいただけます。

資料請求はこちら

お問合せ

ゼロトラストSSOや多要素認証(MFA)など
ご質問等あれば、お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら
ページの先頭へ