導入事例

株式会社AOB慧央グループ様

株式会社AOB慧央グループン01株式会社AOB慧央グループ03

「ARSOA」「BIOKURA」のブランドを展開され、清らかな水、雄大な山々に囲まれた山梨県・小淵沢の拠点を中心に、 「安全性」「機能性」「専門性」に優れた製品の研究開発から販売までを行う株式会社AOB慧央グループ様。 自然のエネルギーを活かし、お客様の視点に立った製品開発をモットーに、化粧品や食品など様々な魅力ある製品をご提供されています。

AOB慧央グループ 鈴木様

業務システムのクラウド化を推進、ビジネススピードの加速を図るとともに従業員の使いやすいIT基盤の整備に力を入れられている株式会社AOB慧央グループ様(以下:AOB慧央グループ様)。 複数のクラウドサービスへの認証基盤の整備と、Active Directoryと連携した一元管理によるシステム部門の業務効率化を目的に、以前お使いだった CloudGate SSO Lightから、最新バージョンであるCloudGate UNOへ移行されました。具体的な運用方法や、 複数のクラウドサービス活用に関するお話をお伺いしました。


ISR営業部 五十嵐

こんにちは、インターナショナルシステムリサーチの五十嵐です。ユーザビリティを第一に考えながら、社内システムを次々にクラウド化し、 ビジネスの効率化を促進されているAOB慧央グループ様。今回Active Directoryと連携した運用コストの削減と、 複数のクラウドサービスへのシングルサインオンを目的とし、CloudGateの旧バージョンから、最新版であるCloudGate UNOへ移行して いただきました。実際の運用や導入メリットについてお伺いしました。

社内システムを、ユーザーファーストなクラウドへ移行し
ビジネススピードを加速

ISR五十嵐:御社では現在、業務で利用するいくつかのクラウドサービスを導入していらっしゃいますね。 今後も複数のクラウドサービスを導入予定ということですが、社内システムのクラウド化の背景やサービス選定の基準などお話いただけますでしょうか。

AOB鈴木様:はい。弊社が従来のオンプレミスシステムからクラウドサービスへの移行を進める背景には、 「ビジネスのスピード感を重視する」という考え方があります。古いシステムを利用し続けてもビジネススピードの加速は難しいと考え、 業務に有用そうなサービスを積極的にリサーチしています。はじめはひとつサービスを導入するのに経営層の承認を取るのが大変でしたが、 クラウド移行を進める中でサービスの有用性を認識して頂けたようで、現在は会社のビジネス加速を後押ししてくれるようなものであれば、 積極的に導入できる社風になりつつあると認識しています。

ISR五十嵐:会社として社員のビジネスをサポートするためのシステムに投資してくれる体制があるというのは素晴らしいですね。 クラウド移行というと先進的なイメージですが、いつも使っているシステムが変わるとなるとやはりユーザーの方々への説明や導入作業などは大変かと思いますが、 この辺りに関してはどのように進められているのでしょうか。

AOB鈴木様:サービスを選定する際「ユーザーの使いやすさ」を基準にしています。いかに優れた機能を持っているサービスであったとしても、 実際に利用するユーザーが使いやすいと感じなければ、日々の業務に浸透させるのは難しいと考えています。 ですので、サービスを導入する前に少人数のグループをテストユーザーとして先行で利用してもらい、 使い勝手などを確認してもらってから実際に導入するかを判断するようにしております。

ISR五十嵐:まさにユーザーファーストな考え方ですね、確かに高機能なものを費用をかけて導入したとしても、社内に浸透しなけば業務効率は上がらず費用対効果もないですね。

利用しているクラウドサービスについて

次に具体的なお話ですが、現在どのようなクラウドサービスをご利用でしょうか。

AOB鈴木様:弊社ではグループウェアとメールで「G Suite」を、主に取引先や協力会社とのファイル共有基盤として「Box」を、勤怠管理で「TeamSpirit」を利用しています。

ISR五十嵐:なるほど。それらのサービスについて導入背景や現在の活用方法をお話いただけますでしょうか。

G Suiteについて

AOB鈴木様:はい。まずG Suiteですが導入して今年で7年になります。それより前はオンプレミスのメールを利用していました。 私が担当する前の話ですが、メールサーバーの維持コストの削減や大容量添付ファイルによるサーバーの圧迫などを回避するため、 また社外からメールを利用できるようにするため、クラウドのメールサービスに移行したと聞いております。 G Suiteにはカレンダーやチャット等のグループウェア機能もありますので、社内のみならず社外からスケジュールを確認したり、 急ぎの連絡のためチャットを利用したりと助かっています。

Boxについて

AOB鈴木様:弊社では企画のスタッフや営業メンバーが、取引先や協力会社とパンフレット等のメディアデータをやり取りします。 そういったデータはサイズが大きくメールに添付しきれないものもありました。それらを手間なく、またセキュアにやり取りするという目的でBoxを導入しました。 大容量のファイルは無料のファイル転送サービス等で送るという手段もありますが、公開前の機密情報を安易に外部サーバーにアップロードするのはセキュリティの観点で問題ですし、 ファイルサーバーやGoogleドライブにも容量の限界はあります。あと大容量のデータを送られてきた相手方のメールサーバーも圧迫してしまいますし、解決したい課題はたくさんありました。

Boxは容量無制限な点と、権限設定によりファイルデータの閲覧・更新権限の設定が細かくでき、機密情報でもセキュアに社外と共有できます。 ユーザーもPCやストレージの容量を気にせず、データのやり取りにもストレスを感じなくなったので、概ね好評で導入してよかったと感じています。

Box活用シーンイメージ

ISR五十嵐:制作物などのデータは容量がかなり大きくなりますからね。確認のためデータをやり取りするだけで時間を取られてしまったり、 容量を気にしなくてはいけないストレスから解放されるというのは、大きなメリットですよね。

AOB鈴木様:はい、クラウドサービスなので社外からでもデータの確認ができるのがいいですね。Boxには様々なファイルのビューアー機能もあるので、 Microsoft OfficeやAdobe Creative Cloud関連のファイル(例:Adobe Photoshop等)もソフトウェアなしで見られるのでその点も助かりますね。 またBoxには、Salesforceをはじめとした様々なクラウドサービスと連携できるコネクターが用意されているので、 クラウドサービス間の連携による機能の拡張ができる点も非常に魅力的です。

TeamSpiritについて

AOB鈴木様:TeamSpiritを導入した理由も、ユーザーの使いやすさ重視というポイントでした。現在は勤怠管理で社内展開していますが、 TeamSpiritでは経費精算、工数管理、カレンダー、またそれら蓄積されたデータの集計など様々な機能が利用できます。 ゆくゆくは全ての機能を利用できるエディションにアップグレードし、TeamSpiritを開いておけば勤怠入力もできて、 稟議作成などのワークフローも利用できる、といったプラットフォーム的な使い方を検討しています。 ユーザーは多くのサービスへアクセスしなくても事務作業を完結できるという運用が理想的です。

TeamSpirit利用シーンのイメージ

ISR五十嵐:TeamSpiritは「働き方改革プラットフォーム」と銘打って事務作業等に必要な様々な機能を持っていますし、 これ一つでそれらの作業を一手にまかなえるというのはとても魅力的ですよね。

AOB鈴木様:そうですね、あとは集計機能で蓄積されたデータを可視化できるBIツールとしても利用できる点がいいですね。 先ほどのBoxでも挙がりましたが、TeamSpiritもSalesforceと連携できるので、その拡張性にも期待しています。

ISR五十嵐:なるほど。先ほどからSalesforceの話が出てきていますが、今後導入予定という事ですよね。 これから先どのようなクラウドサービスの導入を予定しているのかお伺いできますでしょうか。

AOB鈴木様:Salesforceに関しては現在一部ユーザーにすでに導入済みで、今後複数の部門にも導入していきたいと考えています。 あと現在ボリュームライセンスで購入しているMicrosoft Officeをクラウドで利用できるOffice 365へ移行する予定もあり、 Microsoft Officeのアップデートやバージョン管理などの作業が軽減できると考えております。 それ以外にもいくつか導入予定、また検討しているサービスはありますが、 具体的なフェーズに入ったらISRさんにもご相談させていただきます。

シングルサインオン(SSO)によるログイン一本化で、
円滑なクラウド導入〜利用をサポート

ISR五十嵐:御社がCloudGate UNOのご利用を開始された理由の一つが、社内のクラウドサービスが増えてきたことによる統合ログイン環境の整備と、 セキュリティポリシーの一本化だったとお伺いしましたが、その辺りについてお話いただけますでしょうか。

AOB鈴木様:まずログイン環境という点についてですが、クラウドサービスはIDとパスワードでの認証が一般的です。 ユーザーは1つのサービスを利用するのに1つのID、パスワードとログインURLの管理が必要になります。 これが3つ4つと増えてくると、その分だけユーザー1人が覚えなければならないログイン情報が増えます。 さらに言うと一元管理しているシステム管理者は社員の数だけその情報を管理することになり、とてもスマートな運用とは言えません。 なのでクラウドサービスを導入するのに合わせてシングルサインオン環境の導入は必須要件でした。 ログインにかかる手間が増えてくれば、ユーザーのクラウドサービス利用率にも影響が出るでしょうし、 そうなれば費用を掛けて導入した意味がありません。

CloudGate UNOでは複数のクラウドサービスへのログインを1つにまとめることができ、 様々なサービスリンクが表示されるユーザーハブはポータルのようなイメージで直感的に使えるので、 ユーザーからもわかりやすいと好評です。

シングルサインオンイメージ

セキュリティに関してですが、弊社は今後テレワークや時短勤務など、いわゆる「働き方改革」にも取り組んでいく構想があり、 例えば自宅や社外で作業する場合のセキュリティ的な課題を解決していく必要があります。CloudGate UNOには複数のアクセスコントロール機能があり、 クラウドへアクセスできる場所や端末を制限できます。それらを組み合わせてユーザーごと、部署や役職ごとにセキュリティルールを細かく設定できる点が気に入っています。 クラウドサービスは時間や場所を問わず利用できる便利なものですが、セキュリティリスクになるポイントをCloudGate UNOで補完すれば、どのような働き方にも対応できると考えています。

アクセスコントロールイメージ

もう一点、これはSSOやセキュリティとは関連しない機能ですがCloudGate UNO Address Bookを利用させていただいていまして、 こちらがユーザーに使いやすいと好評です。Active Directoryのユーザー情報を、ツリー形式で見られるアドレス帳機能ですが、 氏名とメールアドレスが横並びで見られる点と、メーリングリスト内にいるメンバー情報が誰でも見られる点が重宝されています。 私としてもこの機能はUNOに移行したタイミングで自動的に使えるようになったので、助かっています。

アドレス帳イメージ

ISR五十嵐:御社ではCloudGate UNO Address Bookもお使いでしたね。現在の料金プランですと、 Standard Plan以上のご契約でG Suiteと連携されているお客様であれば追加料金なしでお使いいただけるので、御社のようにご活用いただいているのは嬉しいですね。 現在の料金プランでは他にも有用な機能を多数揃えており、定期バージョンアップによる新機能追加も控えておりますので、 CloudGate UNO Address Book以外の機能もぜひご活用いただければと思います。

クラウド運用の効率化で、情シスの働き方改革を実現

ISR五十嵐:御社では、以前はG Suiteへのアクセス制御としてCloudGate SSO Lightを利用いただいていましたが、 今回後継サービスであるCloudGate UNOへ移行いただきました。先ほどお話いただいたSSO拡張の他に「クラウド運用の効率化」の狙いがあったとお伺いしましたが、 具体的にどのような効率化ができたのかお話いただけますか。

AOB鈴木様:弊社では今使っているCloudGate UNOの前バージョンである、CloudGate SSO Light(以下:Light版)をG Suiteと合わせて導入していました。 Light版導入当初はクラウドサービスはG Suiteのみでしたので、そのセキュリティ対策という位置付けでした。しかしクラウドサービスを運用する情報システム担当が少なく、 G SuiteとLight版両方のメンテナンス作業によりメンバーの作業過多が続く状況でした。例えば新入社員が入ったときや退職者が出たとき、 ユーザー情報の更新やGoogle グループ(メーリングリスト)のメンテナンス、またLight版のセキュリティルールの付け替えなど、手作業が必要となるものがとても多かったです。

AOB鈴木様

ISR五十嵐:そうでしたね、御社では少ない情報システムのメンバーでとても多くの運用作業を抱えられていましたね…。 そんな中弊社サービスの新しいバージョンであるCloudGate UNOのご紹介がマッチしそうだと感じていただけたのですね。

AOB鈴木様:そうなんです。この運用コストをなんとかできないかと考えていたところ、タイミングよく五十嵐さんからご紹介をいただき、 今まで手がかかっている運用の作業を減らすことができると感じ、サービス移行の検討をしはじめました。 具体的に利用できそうだった機能が、Active Directory(以下:AD)と連携したユーザー、グループ、セキュリティプロファイルの一元管理です。 弊社が以前利用していたLight版にはADとの連携機能は無いと聞いていましたが、最新版では連携できるプランがあるとのことでしたので、 これを利用しない手はないと思いました。

Active Directoryと連携したアカウント管理

ISR五十嵐:なるほど。ADと連携した場合、ADをメンテナンスしておけばその情報が自動的にCloudGate UNOと同期されるので、作業工数は単純計算で半分になりますね、 更にCloudGate UNOはG Suiteへユーザー、グループを作成・更新・削除(停止)などの情報を同期するので作業は1/3に...細かな作業が残る場合もありますが、 運用工数は確実に減らせますね。シングルサインオンはクラウドサービスに対するユーザーのログインを効率化しますが、 できればシステム管理者の作業についても効率化したいというのは本音ですよね。 CloudGate UNOへ移行して頂いたことでご担当者様の運用負担が軽減されたのであれば、私どもとしてもご提案した甲斐があります。

AOB鈴木様:はい、ユーザーファーストで様々なクラウドサービスを整備した結果、情報システムメンバーの作業負担が激増するのは正直キツイですし、 できることなら私たちも楽をしたいと思っているので(笑)。 CloudGate UNOにはシステム管理者の作業効率化のための機能がいくつかあるので、システム管理者にも優しいサービスだなと感じています。

今後の展望

ISR五十嵐:色濃いお話をたくさんいただきましたが、最後に今後の展望などあればお話いただけますでしょうか。

AOB鈴木様:将来の構想についてはお話すればキリがないですが、できれば社内の人間が行う業務の全てを2〜3つのクラウドサービスで完結できるのが理想です。 とはいえ今は試行錯誤しながらIT基盤の充実を図っているフェーズなので、今後もさらなるクラウドサービスの導入があるかと思います。 その際はCloudGate UNOと連携したいと思いますので、ご支援いただければと思います。

ISR五十嵐:はい、CloudGate UNOと連携できるサービスはどんどん増えていますので、 御社で新たにクラウドサービスの導入が決まった際にはぜひご相談いただければと思います。

本日はどうもありがとうございました。

テキスト1
AOB様
株式会社AOB慧央グループ様は、心・体・肌のすこやかさと美しさを願い、健・美・食・農・医といったサービスを通して歓びと感動をもたらすライフスタイルを提案しています。また自社内に研究・開発部門を設置。理念を実現するための自然のチカラ、先人の知恵に科学的なエビデンスを付与。「水・ミネラル」からはじまる製品づくりや微生物の研究など他に類を見ない研究体制で、「安全性」「機能性」「専門性」に優れた製品の開発に取り組まれています。
AOB様
AOB慧央グループ様 メッセージ


人は大いなる自然の一部。自然との調和の中にこそ、真の幸福(しあわせ)が実現できると私たちは考えます。自然の理に学び、自然の恵みを活かし、そして自然を未来へと残していく。AOB慧央グループは健・美・食・農・医を中心に、製品やサービスをお客さまに提供するだけでなく、皆さまに正しい知識、正しい情報を発信することで健康的な生活やライフスタイルまで提案。人も自然もすこやかに、生き生きと暮らすことのできる社会をめざします。
 導入事例トップにもどる
ページの先頭へ