スマートデバイスセキュリティ

株式会社MLJ様

MLJpic01MLJpic03MLJpic02

株式会社MLJは、音楽、芸能、スポーツ等の
コンテンツ配信やファンサイトを、
docomo/au/SoftBankの公式サイトとして運営している企業。

ISR営業部 宇田津

こんにちは、株式会社インターナショナルシステムリサーチ 宇田津です。
今日はDropbox+CloudGate UNOを導入されたMLJ様にお邪魔して、
サービスの導入経緯やその理由などをお伺いしたいと思います。

何故「クラウドストレージ」を採用したのか

MLJ 柳井様      

宇田津:今回Dropboxを導入されましたが、
そもそも何故クラウドのストレージサービス導入を決定されましたか?

柳井様:弊社では業務上、動画を含めた大容量データを扱う
ケースが多いです。従来はファイルサーバーでの管理・共有
でしたが、運用管理の人件費やサーバールームの場所代など
高コストになってしまっていました。大容量にも関わらず
データを捨てられないという事情もありますね。
そうなると今後どんどんディスクを継ぎ足していかなければ
ならない事はわかっていましたし、ファイルサーバーに
大量のデータがあると、必要なものを探すのにも苦労します。

そこで本社オフィス移転を機に、

① 低コストでディスク容量を増加
② 権限管理などを含めたセキュリティ向上
③ バックアップなど運用負荷を削減
④ 検索性などユーザーの利便性向上

を目的に、課題解決できるクラウドストレージへの移行を検討し始めました。

宇田津:なるほど。確かにファイルサーバーでの運用では厳しい時代になっていると、私も感じます。
大容量コンテンツを扱う業界ではなおさらですね。しかし、ストレージのクラウドサービスと言っても
いろいろあるかと思いますが、何故Dropboxだったのでしょうか?

柳井様:Dropboxを選んだ理由としては、コスト面とLANDISKとの連携機能の有無でした。
今回は様々なストレージサービスを検討しましたが、構築の手間やランニングコスト、
パフォーマンスやマイクロソフトオフィスとの連携等の要件から、どれも決め手に欠けると言ったところでした。
また社内ファイルサーバーをゼロにすることは難しく、残ったサーバー(LANDISK)との連携機能も必須条件でしたね。
そんな中で、これらの要件をすべて高いレベルでカバーできるという総合的な判断でDropboxを採用するに至りました。

何故Dropbox+CloudGateUNOでの導入に至ったのか?

宇田津:Dropboxの導入経緯、利用用途は良くわかりました。御社の業務がかなり改善・効率化されていくと
感じますが、今回はCloudGate UNOも合わせて導入頂きました。その理由をお聞かせ頂けますか?

柳井様:Dropboxに限らず、クラウドストレージを導入する条件の一つに「セキュリティ」がありました。
自社の情報資産はもちろんのこと、顧客である大手音楽レーベルや芸能事務所等のコンテンツやアーティスト情報を
多く扱うため、それらのデータの管理保護はもちろん、セキュリティポリシーとして取引先に示すためにも
情報漏えい対策は必須条件でした。

シーケンス図

もともと候補の一つと合わせて検討していた「CloudGate UNO」がDropboxにも対応していると聞き、
すぐさま検証をしてみたいとISRさんにお願いをしました。社内IPアドレスからのみの接続を許可する
「IPアドレス制限」機能で、社外環境からのアクセスを制限することで、管理者が意図した経路からの利用のみに
限定することができるという点が安心材料になりました。

MLJ 柳井様 中塚様

他社サービスでもセキュリティ面での強化は可能ではありましたが、
非常に高コストでした。セキュリティは重要ですがコストとの
バランスも考えなくてはいけないので、そういった面でも
CloudGate UNOは非常に安価で、導入においてもとても
スピーディでした。

今後ISRに期待することは?

宇田津:Dropbox+CloudGate UNOでご利用中ですが、今後ISRに期待する事はありますか?

柳井様:CloudGate UNOの端末認証機能を利用することにより、社外環境からDropboxへのアクセスもセキュアに
行うことが可能になることがわかり、今後のビジネスモデルに合わせてそういった利用ルールの検討もして
いきたいと考えています。その際にはご支援のほどよろしくお願いします。

 導入事例トップにもどる
ページの先頭へ