スマートデバイスセキュリティ

京セラコミュニケーションシステム株式会社 様

pic_kccs01

京セラコミュニケーションシステム株式会社は、
ASP事業を行う企業で、システムインテグレーター。

セキュリティ/アカウント管理/シングルサインオンを
CloudGate SSOで実現!

  • Google Appsでもメーラーを継続利用 アクセス元IP制限でセキュアに
  • GreenOffice DirectoryからGoogle Appsアカウントを一元管理
  • 認証サーバと連携したGoogle Appsへのシングルサインオン

 京セラコミュニケーションシステム株式会社様は、一部グループ会社を含む3500ユーザーのメールシステムを
Google Appsに切り替え、2011年5月より本格運用を開始されました。


 メールサーバ切り替え後も既存メールクライアントからGoogle Appsを利用する運用を選択されましたが、不正利用などのセキュリティ面を考慮してメールクライアント接続時のIPアドレスの制限機能を必須としました。
そこで、Cloud Gate POP/IMAP制限サービスを導入し、Google Appsへのメールクライアントからのアクセス元IP制限機能を実現することで、セキュリティの保たれた環境で、ユーザーの利便性を変えることなく、
Google Appsへの移行が可能となりました。


 また、重要なポイントとなったのはアカウント管理のシステムです。 KCCS様では自社製品である
「GreenOffice Directory」を利用したIDの一元管理を行っています。
Cloud GateはGreenOffice Directoryの管理下にあるActive Directoryと連携し、Google Appsへのアカウント作成・更新機能を提供しました。 結果、GreenOffice DirectoryからGoogle Appsまでアカウントの自動連携を実現しています。


 Google Appsへの認証とアクセス制御についてはRSA Access ManagerとCloud Gateを連携させ、RSA-AXMで認証済みであればCloud GateがIPアドレス制限を行った上でGoogle Appsへの認証を許可するシングルサインオンを可能にしています。


 この度のKCCS様Google Apps導入プロジェクトにおきましては、Cloud Gateは それまでと同等のセキュリティ・利便性・既存のアカウント管理/認証システム構成をサポートしました。 ユーザーへの教育コストをかけることなく、従来の使い勝手のままでクラウドのパワフルさを享受することで、他社に負けない競争力のある業務遂行に寄与できる情報システムおよびコスト削減を実現されました。

 導入事例トップにもどる
ページの先頭へ