概要

Gmail利用時の宛先設定を、企業の組織一覧から検索して
指定することができます。 また、個人連絡先や、社外連絡先、
グループアドレスも 同時に参照することが可能です。

CloudGate UNO版 Address Book概要

特長

階層式組織ツリー表示

階層式組織ツリー表示

管理画面で設定された
部署ツリーを表示します。
部署をクリックすると、
所属するユーザー一覧が表示されます。

兼務者の表示にも対応しています。

ユーザーリストは、役職順に並ぶよう、
表示をコントロールすることもできます。

兼務表示・役職順表示対応

ユーザー毎に「兼務情報」を登録することで、共有アドレス帳上で複数の組織、複数の役職で表示させることができます。

Google認証システム1

また、「役職」を作成し、役職の表示順を決めると、共有アドレス帳でユーザーが一覧で表示される際の
初期の並び順を役職の表示順に決めることができます。

Google認証システム1

社外連絡先対応

「社外」タブから、アドレス帳にのみ表示される連絡先データを確認することができます。
社外連絡先のグループ(組織階層)も作成可能です。
社外連絡先はアドレス帳表示のみのデータで、CloudGate UNOのユーザーアカウントとは別のものです。

※社外連絡先ライセンスは、CloudGate UNOユーザーアカウントのライセンスと同数をご提供します。

社外連絡先対応

Gmail個人連絡先対応

「個人」タブで、ユーザーのGmailの連絡先で作成されている連絡先グループとそのメンバーを表示します。
詳細情報の確認も可能です。

Gmail個人連絡先対応

共有アドレス帳 → 個人連絡先へコピー

共有アドレス帳 → 個人連絡先へコピ

共有アドレス帳のデータを、Gmail個人連絡先にコピーできます。

コピー先の連絡先グループを指定します。 また、共有アドレス帳の画面より、連絡先グループの新規作成も可能です。

グループ対応&メンバー表示

G Suite(旧Google Apps)で作成されたグループ(メーリングリスト)を一覧で表示させます。
グループアドレスをクリックすると、メーリングリストに参加しているメンバーのアドレスが表示されます。

※表示させたくないアドレスをフィルタすることもできます。

グループ対応 & メンバー表示

管理機能

フィルタリング

管理画面より、共有アドレス帳に表示させたくない組織やメールアドレスを設定することができます。

フィルタリング

Address Bookへアクセスを許可/不許可設定

管理者サイトのユーザー詳細設定より、「利用可能サービス」の「CloudGate UNO Address Book」にチェックを入れると、
ユーザーは共有アドレス帳にアクセスが可能です。

Address Bookへアクセスを許可/不許可設定
ページの先頭へ