サムル


SAML | Security Assertion Markup Language


SAMLとは、Security Assertion Markup Languageの略称で、「サムル」と読みます。2002年に非営利団体OASISが策定した標準規格です。異なるインターネットドメインとの間で認証情報を受け渡しするために必要となるXMLをベースに策定され、2005年にバージョン2.0となっています。SAMLを利用することで、Active Directoryなど企業が持つID情報管理システムを使って複数のクラウドサービスへのシングルサインオンを可能にします。ユーザーは、一度のサインオンでSAMLに対応するクラウドサービスやWebアプリケーションを利用することができるようになります。

ページの先頭へ