スマートデバイスセキュリティ

鎌倉投信株式会社様

鎌倉投信pic01鎌倉投信pic02鎌倉投信pic03

鎌倉投信株式会社様は、「結い 2101(ゆい にぃいちぜろいち)」という
投資信託を運用・販売しています。 信託銀行や資産運用会社等で20年以上に
わたって経験を培ってきた4名の創業者が、自然と伝統文化にあふれ、
日本で初めて武家社会を創った革新的な気質をもつ「場」である鎌倉で起業
しました。 3つの「わ」(和・話・輪)を信条とし、「結い2101」を通じて
大切な資産をゆっくりとふやしながら、子や孫までもが希望を持ち安心して
暮らすことができる社会づくりを目指されている投資信託委託会社様です。

ISR営業部 宇田津

こんにちは、株式会社インターナショナルシステムリサーチ 宇田津です。
今日は鎌倉投信様にお邪魔して、Office 365+CloudGate UNOの
導入経緯や運用方法などについてお伺いしたいと思います。

「Office 365」導入について

宇田津:今回「Office 365」導入において、選定から導入に至った経緯をお聞かせ頂けますか?

鎌倉投信 稲葉氏

稲葉氏:もともとOffice製品はパッケージで購入、またはプレインストールのものを使用していました。 ただ使用しているPC台数が増えてくるに従ってライセンス管理が難しくなったこともあり、管理の容易なOffice 365に切り替えることにしました。 またメールサーバーやスケジュール管理ソフトは別々のものを使用していましたがOffice 365を利用することで一つに集約化できることもメリットとして捉えています。

宇田津:最新のOfficeを使う事について、問題などは有りませんでしたか?

稲葉氏:確かに最新のOffice製品に切り替えるのはインターフェースの変化など使い勝手の部分はありますが、バージョンがバラバラになると余計に困りますし、 無理に統一しようとすると古いバージョン

になってしまいます。せっかくお金を払って購入しているので新しい機能は使っていきたいですし、お客様とのやり取りも新しいバージョンのほうが不安はありません。 ライセンス管理も工数がかかるので、Office 365によってバージョンが統一できるメリットは大きいと思います。

宇田津:確かに最近はOfficeのみOffice 365 ProPlusに切り替える方も多くいらっしゃいますね。管理面もそうですが、1ライセンス5デバイスまでになるみたいですし、 メリットも多くなるのでわかる気がします。それでは本題へ戻りましょう。

CloudGate UNOの導入について

鎌倉投信 稲葉氏   

宇田津:Office 365の導入において、最初からCloudGate UNOと連携させてスタートされたわけですが、その背景を教えて頂けますか。

稲葉氏:弊社は投信委託会社ですので、当然のことながらお客様から信頼されなければなりません。セキュリティは利益を目的とした投資ではなく、 企業としての信頼のための投資と考えています。

クラウドサービスのメリットは十分にありますが、それだけではやはり問題もありますので、 CloudGate UNOは必須のサービスと考えていました。

宇田津:セキュリティの意味は非常に広義で、対策といっても際限がないですよね(笑) 他にもいろいろセキュリティ製品がある中で、Office 365とセットでCloudGate UNOを導入頂いた理由はございますか。

稲葉氏:確かに対策に際限はないですが、予算にはやはり限界があります。いろいろやらなければならない事もありますが、悩ましいところですよね(笑) ただ私がOffice 365を導入するときに一番気になったところがアクセスコントロールの部分です。どこからでも利用できるとなると、仮にID/パスワードが漏えいしたときに防ぐ手段がありません。 スマートデバイスの紛失なども、起こってしまうと時間との闘いになりますが、すぐに対応できる確証などありません。また社員が悪意なく自宅の端末やネットカフェ、ホテルなどの共用端末で利用し、 データをダウンロードするというようなことが起こっても困ります。社員を守るのもシステム部門の仕事ですから。

シーケンス図1

宇田津:確かに私も出張時、ホテルの共用端末を何気なく見たとき、デスクトップにファイルがダウンロードされているのを見たことがあります。 弊社も当然CloudGate UNOがあるので、その共用PCからは自社で利用しているクラウドサービスには接続できません。改めてCloudGate UNOはこのようなところで役に立っているなと実感しました。

稲葉氏:そうですよね。ただそのようなサービスも高額であれば躊躇したと思いますが、想像していたよりとても安価でした。また導入自体もとても簡単で、アカウントやOffice 365のライセンスまで CloudGate UNOと同期ができるので、セキュリティの代償というものはなく運用もとても楽です。迷う方もあまりいないのではないでしょうか。コストパフォーマンスとして十分だと感じています。

シーケンス図2

「CloudGate UNO」についてのご意見

鎌倉投信

宇田津:それでは最後にCloudGate UNOについてのご意見があれば頂けますでしょうか。

稲葉氏:まだ使い始めたばかりなので、まずは当初の要件を満たす運用となっています。 今後セキュリティ要件が変わってくる可能性もありますが、新機能などが出ましたら是非ご提案頂きたいです。

宇田津:承知致しました。CloudGate UNOは今後も様々な機能を搭載していきますので、ご期待下さい。本日はどうもありがとうございました。

 導入事例トップにもどる
ページの先頭へ