株式会社アシスト様


連携サービス: G Suite Salesforce

G SuiteをIP制限や会社から認められた端末のみアクセス可能にするアクセスコントロール機能をメインとして、最終的にAD基盤との連携を考慮してCloudGateUNOをご導入いただく。

ISR営業部 大橋

こんにちは、株式会社インターナショナルシステムリサーチ店田(たなだ)です。
今日は株式会社アシスト様(以下:アシスト様)にお邪魔して、G Suite/Salesforceの導入時に合わせてCloudGateUNOを採用した背景と導入後の効果について伺いました。

CloudGate UNOはクラウド化の潮流から

ISR店田: 本日はよろしくお願いします。さっそくですが、まずは御社のCloudGate UNO導入の背景をお教えいただけますか。

岡田様: もともと生産性を高めるためにシングルサインオンは社内でもずっと実装したかったのですが、「G Suite」や「Salesforce」を導入するタイミングでCloudGate UNOの導入に至りました。またCloudGate UNOを取り入れたのは今後のSaaSの流用性や乗り換えを考えてフットワークを軽くすることが導入の背景ですね。ものにはよりますが、ワークスタイル変革これからどんどんクラウド化が進むので、早い段階でシングルサインオンを実装したかったんです。

ISR店田:なるほど、G SuiteやSalesforce等のクラウドサービスの導入契機と今後のクラウドサービスの拡張を睨んで、という両面から導入いただいたのですね。御社はSP Freeオプション(CloudGate UNOで連携できるサービス数が無制限)をご契約いただいておりますので、今後新たなクラウドサービスを導入されたり、部門毎に異なるサービスを追加するなどがお客様側で簡単に連携をいただけるようになりますので、ますますCloudGate UNOの活躍場が増えますね。CloudGate UNOはセキュリティ対策の面にも期待していた、と導入前に伺っていましたが、具体的にお教えいただけますか。

株式会社アシスト | 経営企画本部ITサービス企画部 | 部長  沖冠吾様 株式会社アシスト
経営企画本部 ITサービス企画部
部長 沖冠吾様 株式会社アシスト | 経営企画本部 ITサービス企画部 | 主任 岡田 優治様 株式会社アシスト
経営企画本部 ITサービス企画部
主任 岡田 優治様

沖様:G Suiteを導入する際にセキュリティ対策として活用したかった。これまでクラウドサービスを使ってこなかったので、セキュリティ面の問題はないかボヤッとした不安感があったが、CloudGate UNOのアクセスコントロールを使うことでセキュリティが担保される形が取れた。G Suite単体ではセキュリティ対策をどうするかという課題があったが、CloudGate UNOでセキュリティを担保できたのが良かった。

岡田様: 具体的に弊社では主にIP制限を利用していますが、様々な制限がかけられることが大きいです。IP制限や会社から許された端末からしかアクセスできない認証制限など、シャドーIT対策ができるのがいいですね。スマホを業務利用する機会が増えているので、PC・スマホの両方で使えることが条件でした。

ISR店田: CloudGate UNOでは管理者サイトで制限をかけたり、許可端末を設定したりが容易にご利用いただけます。やはりアクセスコントロールを重視される方がCloudGate UNOを採用してくださるケースが多いですね。また多数のシングルサインオンサービスの中でCloudGate UNOを選定された理由をお教えいただけますか。

アクセスコントロールでシャドーIT クラウドゲートウノ

CloudGate UNOは管理画面の使いやすさと設定の
しやすさが決め手

株式会社アシスト 岡田様: いくつかのサービスと比較したのですが、「管理画面が使いやすい」のと、シングルサインオンとしての「サービス連携設定のしやすさ」が決め手ですね。アカウント管理や認証情報をAD基盤と連携を行いたかったのですが、専用サーバーの導入も必要なく、ネットワーク設定だけで完了できたのは楽でした。他社と比較して他のツールと連携のしやすいのがとても良いです。またパスワード忘れの問い合わせも非常に多いので、それがなくなるのは大きいですね。

ISR店田:SSOの良いところはログインが一つになるので、セキュリティポリシーも一本化できるので、そこを重視してくれているお客様も実際にいらっしゃいます。

沖様:利用者からすると、いくつものツールを利用しているのでパスワードの有効期限やポリシーが異なるので管理が非常に面倒。そこを解消できるのも大きい。今後、クラウドの世界ではシングルサインオンは必須になると思う。クラウドサービスのポータルサービスなど、いろんなサービスを使う前提になっている。しかしシングルサインオンが止まるとすべて使えなくなるのでオンプレでもちたくない(笑)。そこの安心感がCloudGate UNOにはある。オンプレだと莫大な費用かけないと安心できないし、運用担当者も心休まらない。 CloudGate UNO - Active Directory AD Diagram

パスワードレスでさらに厳密なログインを

ISR店田: そこは今後とも弊社にお任せください!またセキュリティをさらに強化されたいということであれば、セキュリティの新しい観点として、弊社は生体認証による取り組みを開始しています。Windows HelloやFaceID,touchIDなどを使ってパスワードを持たず厳密なログインをご利用いただけます。

沖様: 現時点、社用スマホは生体認証するルールで利用しています。PCに関しては標準端末が生体認証に対応するようになれば使っていきたい。

ISR店田: それでは標準端末が生体認証に対応した場合は、お声がけください。パスワードレスによる強固なセキュリティでご利用いただけること実感いただけることと存じます。ぜひご検討ください。本日はありがとうございました。 株式会社アシスト様

ページの先頭へ