スマートフォンの生体認証機能を使って
クラウドサービスへ安全にログイン

CloudGate UNO専用の認証システムアプリ「CloudGate Authenticator(クラウドゲートオーセンティケーター)」は、
スマートフォンの生体認証機能を利用して、Google Workspace、Microsoft 365、SalesforceなどCloudGate UNOと連携する
クラウドサービスへのセキュアなログインを可能にします。

CloudGate Authenticatorを利用したCloudGate UNOへのログイン
CloudGate Authenticator Flow Diagram | スマートフォンを利用した生体認証・多要素認証

パスワード認証による情報漏洩のリスクを生体認証で軽減

企業の情報システムにおける認証で主流だったIDやパスワードを用いたログイン。パスワードを各自で暗記して管理 しなければいけないこの認証方法は、パスワードを忘れたり盗まれてしまうリスクがあります。 生体認証は、そのパスワードの脆弱性を補い、より強固な認証を実現します。

CloudGate Authenticator App Diagram パスワードレス認証

なりすましのリスクを大幅に減らし、クラウドサービスにある重要な情報を
認証で保護することができます。

生体認証を多要素認証のオプションとして設定可能

CloudGate UNOは、生体認証を必要とする時間や場所、端末などを設定することができます。
また、ID/パスワードと生体認証を組み合わせた多要素認証が可能です。

利用例
業務時間外やオフィス以外の場所からは
ID/パスワードと生体認証でサインオン

CloudGate Authenticator (CGA) Passwordless : パスワードレス オフィス - スマートフォンを利用した生体認証・多要素認証
利用例
業務時間外やオフィス以外の場所からは
ID/パスワードと生体認証でサインオン
CloudGate Authenticator (CGA) Passwordless : パスワードレス オフィス以外 - スマートフォンを利用した生体認証・多要素認証

よくある質問

CloudGate UNOの生体認証機能について、よくある質問をまとめています。こちらに書かれていない内容につきましてはフォームよりお問合せください。

CloudGate Authenticatorは、生体認証機能が搭載されていればどの端末からでも利用できますか?
いいえ、ご利用いただけません。CloudGate Authenticatorを利用できる端末はこちらをご確認ください。

生体認証を使うユーザーと使わないユーザーが組織内で混在していても問題ありませんか?
はい、問題ありません。CloudGate UNOのプロファイル設定機能で生体認証を使うユーザーと使わないユーザーを分けることができます。生体認証を使用しないユーザーは、Google AuthenticatorやMicrosoft Authenticatorによる ワンタイムパスワード(OTP)認証や、YubiKeyなどによるFIDO U2F認証などの異なる認証方法を組み合わせてご利用いただけます。

CloudGate Authenticatorを登録した端末を紛失した場合や機種変更をした場合はどうしたらいいですか?
管理者によるリセット作業後、新しいスマートフォンでCloudGate Authenticatorに再登録してご利用ください。

ページの先頭へ